テクノビジョンTOP > 製品情報 > Hot純水乾燥装置
温純水乾燥装置
温純水乾燥装置

Hot純水乾燥装置は、ワークを温度管理された温かい純水の層に浸漬させ、その後ワークをゆっくり引き上げることで、ワークを乾燥する装置です。

ワークを純水に浸漬させるとワーク表面に水が付着しますが、ワークをゆっくり引き上げることで水面の表面張力が働き、ワーク表面の水が純水層に引き込まれ、乾燥状態となります。

Hot純水乾燥は、ミスト汚染や乾燥じみ無しにワークを乾燥させることが出来るなど、多くのメリットがある乾燥方法になります。

Hot純水乾燥
Hot純水乾燥装置
温純水乾燥特長

洗浄は問題ないものの、”乾燥”で困っている方は意外と多いのではないでしょうか?

洗浄後乾燥での問題、課題
水を以て水を制す
  
特長
1
ミスト汚染や乾燥ジミなし
2
小さいワークから大判ワークまで対応
3
引火の危険性なし
4
ゴミの再付着なし
5
メンテナンスが容易
6
大判ワーク対応が容易
7
温水によるリンス効果が大
8
カスタム仕様の容易な装置設計対応可
9
枚葉乾燥、バッチ乾燥対応可
10
市水で問題ないワークの場合水道水で装置化可能
11
装置価格が比較的安価
温純水引き上げ乾燥
写真:Hot純水乾燥後のマスク
温純水乾燥プロセス

■Hot純水乾燥プロセス

    温水層へ → 浸漬 → 引き上げ(乾燥

温純水乾燥
温純水乾燥

        表面張力を利用し乾燥

デモご希望の方はお気軽にご連絡ください。>> デモ希望
(洗浄装置に組み込まれた実機でテスト評価も行っていただけます)
* ワークサイズ: 178mm(7 inch) x 178mm まで対応

テクノビジョン | 半導体製造装置、洗浄関連装置、後工程関連装置

Copyright © 2000-2013 Technovision, Inc. All Rights Reserved.